ゼニカル 効果で肥満治療は通販で購入から|EC販で注文・購入

油抜きダイエットが痩せるのに効果ですが、料理から油を抜くと美味しくないですね。

ゼニカル(XENICAL)は食べた油の30%が吸収させずに排出する事で自然と痩せてきます。

アメリカでは肥満治療薬として一般的に使われています。

沢山食べたいときに服用するだけでも効果があります。

ゼニカルとゼニカルジェネリックの比較

商品名価格帯成分メーカ名備考
ゼニカル200円/錠~オルリスタットロッシュ社先発薬
オベリット150円/錠~オルリスタットインタス社後発薬

ジェネリックで同じ成分なので、ブランドを気にしないのでしたらゼニカルのジェネリックもお薦めです。

ゼニカルの体験談をレビューです。

摂取した脂肪分を体外へ排出できる画期的な薬、ゼニカルを実際に購入してみました。
ECサイトから通販購入し、約2週間でかかりました。小さな箱で送られてきました。

ゼニカルはブルーのカプセル型の錠剤。大きさは日本によくあるカプセルと同じ大きさです。
1シートに21錠入っています。

ゼニカルは1日1~2回服用、2回以上服用してはいけません。
基本的に薬と同じで、食事の後にすぐに服用します。

カプセルをあけてみましたが、小さくて白い錠剤がぎっしり詰まっていました。
コロコロしていて粉っぽさはありません。

ゼニカルで油抜きダイエット詳細

ゼニカルのメリットとデメリット

ゼニカルは、食事で摂った脂肪の吸収を抑えます。脂肪が体にたまって肥満になるのを防ぐダイエット薬です。

口コミを見ていると、ゼニカルの効果にはメリット・デメリットの両方があることがわかりました。主なポイントを以下にまとめます。

ゼニカルのメリット

  • ・食べてるけど確実に摂取カロリーを減らせる
  • ・食欲の我慢せずにダイエットできる
  • ・飲むだけで簡単で生活習慣を変えなくても良い
  • ・便秘を改善(便に油が含まれるため)

ゼニカルを飲むだけなので、非常に簡単に減量が出来ます。
食事制限ではないので、筋力が落ち新陳代謝が落ちる事でのリバウンドが起きにくい。

たくさん食べても油の30%をカットできます。

ゼニカルのデメリット

  • ・お腹が緩くなりがちで油漏れで下着を汚しやすい
  • ・排泄した油が気持ち悪い、トイレが汚れる
  • ・ビタミン不足の副作用があり
    ・あくまでも油分のカット(炭水化物には効果なし)

最大のデメリットがお腹が緩い人はトイレが近くなります。

お薬との相性が良いと効果が非常に良くビタミン補充をしないとお肌がカサカサになりやすいです。

ゼニカルの副作用

サプリメントとは違い、即効性のあるゼニカル。
やはり中には副作用を感じる方もいるようです。

副作用の報告で最も多いのが「おなかが緩くなる」という点
ゼニカルには脂肪を排出させる作用があるので、自動的にどんどん排便を促します。
中には自分の意思とは無関係に排便してしまう…なんてことも。
とはいえ、排便することで脂肪を外に排出することができているので、副作用とは一概には言えませんよね。
お仕事がお休みの日を狙って服用し、しばらく様子を見ることをお勧めします。

続いて気になる副作用が「栄養分の排出」
脂肪を体外へ胚珠るさせる際に、一緒にビタミンEやベータカロチンといった脂溶性ビタミンも一緒に排出する恐れがあります。
それぞれの体質により排出頻度はことなりますが、あまりにも排便が多い場合ビタミン不足になることも。
ですが自分の身体に合った飲み方をすることで、ビタミン不足は防げます。

ビタミンをとるようにして下さい。

ゼニカルで痩せるのは、薬の効果はどんな感じ?

ゼニカルは肥満の人の減量のために開発された痩せるためのお薬です。

食べた油は身体に吸収させるには一度分解する必要があります。

この分解には分解酵素(リパーゼ)が必要ですが、ゼニカルは分解酵素の働きを抑える事が出来ます。

摂取した油の30%が消化されずに便として排泄される事になるので、余分なカロリーが脂肪として蓄積されにくくなります。

ゼニカルで食べた30%をカットします。

これまでも食欲を抑える薬もありましたが副作用の問題など、健康的な体形になりたいのに不健康になる可能性がある問題もあました。

ゼニカルは米国FDAも承認している痩せる薬

米国食品医薬品局FDAが承認している”オーリスタット”という成分を配合しており、食事によって体内に取り込まれた脂肪分を身体に吸収する前に体外へ排出させることができます。
サプリとは違いきちんと承認されている薬なので、即効性があり効果をすぐに実感することが可能。
通常の食事と共にゼニカルを服用すれば、毎回脂肪分を体外へ排出されることができ、徐々に理想の体型へと近づいていくことができます。
また、ビタミン系のサプリメントや軽いストレッチを取り入れれば、更に効果的に身体を絞ることもできます。

ですが、日本では認可を得ている医薬メーカはありません。
その理由は日本の肥満率の低さと、輸入でも入手できるので美容クリニックでも第一に処方されています。

ゼニカルを服用すると、翌日から3,4日で「オレンジ色」の油が出てきます。

服用方法と注意点

ゼニカルは食事中もしくは食後1時間以内に1カプセルずつ服用して下さい。
毎日の服用では1回~3回/日とされていますが、油が多い食事をする時だけの服用でも効果があります。

ゼニカルの注意点としては、急な便意や頻度が多くなる事があります。

急にまたは頻繁に便意をもよおす、ガスによる胃腸の膨満や放屁、油分や脂肪分を含んだ排便などが消化システムの局所作用により起こります。これらの症状は、通常は軽微で治療の初期に起こりやすい症状ですが、短期間で解消します。特に脂肪分を含んだ食事の後によく起こります。また、ゼニカルは脂肪の約30%が消化されずに腸を通り抜ける特性から油性便などの便通における害のない変化をもたらすことがあります。特に高脂肪分の食事を取ったときにこの発生確率が高くなります。3度の食事での脂肪分の摂取はなるべく平均的に摂るようにしてください。またゼニカルは、特にベータカロチンやビタミンEといった脂肪に溶けやすい栄養素の吸収を抑えるので、果物や野菜を多く含む食生活を心がけてくださ

前年ですがゼニカルだけで大きくダイエットするのは難しいです。

理由1:ゼニカルに体脂肪を燃焼したり分解する作用はない

ゼニカルの効果は、あくまで「脂肪吸収を抑制」するということ。つまり、肥満を「予防」するということですね。

蓄積された脂肪をゼニカルで分解したり、燃焼させることはできません

理由2:油を摂らなくても、糖質を過剰に摂っていたら痩せることはない

ゼニカルが作用するのは脂肪分だけなので、炭水化物や糖分が多い食事を続けていたら痩せることはありません。

つまり、ある程度の食事制限や運動は必要。

理由3:薬だけで痩せられたら脂肪吸引も脂肪溶解注射もいらない

ダイエット中にゼニカルを飲んで痩せた友人もいますが、必ずと言っていいほど食事制限+運動をしていました。

ゼニカルだけで痩せたという人を見たことがありません。

ゼニカルの良くある質問

Q:ゼニカルだけで痩せますか。
A:ゼニカルは食事の量と質を改善するきっかけを作る補助薬です。

Q:常習性(依存性)はなどはありますか?
A:ありません。長期に服用でも問題ありません。

Q:ゼニカルはどのようなお薬ですか簡単に教えてください。
A:ゼニカルは身体が油を吸収するのに必要な分解酵素(リパーゼ)の働きを抑えます。
 これにより、食事から摂った脂分の約30%が吸収されず排泄されます。
毎日の服用は不要で、カロリーが高い食事をする時に服用すればよく無理なく食事制限を行った時と同じように行うダイエットが出来ます。

Q:ゼニカルの副作用は?
A:ゼニカルを服用する事で脂溶性ビタミンA・D・E・Kの吸収も妨げます。
そのため、野菜を多く摂取したりビタミンサプリメント等を補充する必要があります。

Q:ゼニカルは便漏れしやすいと聞きますが本当ですか?
A:特にお腹が弱い人は、オナラをしたり、運動など力みが入ると便が漏れる場合があります。
使い始めは「ナプキン」を使用する事をお勧めします。

Q:ゼニカルはどのように入手できますか?
A:美容クリニック等でも入手できますが、服用方法は難しくないのでECサイトから購入も出来ます。

世界17カ国で4,000万人に愛用されています。
まずは1ヵ月で3キロ、2ヶ月で5キロのダイエットを目指してください。

ゼニカルで油抜きダイエット詳細

タイトルとURLをコピーしました